あたりめくらげ

CA870のHOP改良用パーツ、件の「あたりめ」と「くらげ」がやってきましたよっと。
LAガンショップで購入。

c0019089_21101025.jpg

こんな感じの梱包で、ちょっと笑った。この筒はマルイのカレンダーなんですが、LAガンショップからはそれなりに買い物をしているので、新年のご挨拶かと・・・いやいや、注文したものがあるからそういう勘違いはしませんよ。w
このカレンダー自体が3枚ありましてネタとして面白いんですが、それはまたの機会に。

c0019089_21101355.jpg

でもって、こちらが「あたりめ」と「くらげ」。
「あたりめ」はHOPパッキンの「くらげ」を取り付ける穴があいているチャンバー+バレルです。ノーマルのチャンバー+バレル、本体との固定部は上下にけっこうガタがあります。左右はがっちりしてるんで、これはたぶん計算づくの固定方法でしょう。品質の安定とか、そういったことで。

それに対して、「あたりめ」は上下左右まったく遊び無し。がっちりと固定されます。これも精度を高める要因のひとつ。そのかわり、かなり慎重に組み込む必要がありますね。

ノーマルのソウドオフ、今朝撃ってみたところ、やはりHOPは弱めで0.2gの弾でも弓なりの弾道です。その代わり左右のブレはほとんどない。20m位離れた旗の柱(直径15cmぐらいか)を狙って撃ってみたんですが、サイトもないのに百発百中。上下は狙ったところにはいかないんですが、標的が縦に長い柱ですからね。左右の弾道のずれはほとんどないのがよくわかりました。あとチャージャーと比べて、トリガーのフィールもソウドオフの方が良いと感じました。ストロークが短くてレスポンスが良いです。おかげでチャージャーより速射が効くと思います。弓なりの弾道のままでも、パスパスとテンポよく連射しながら着弾を修正すれば結構使えちゃうんじゃないかな。

こんなに高性能なのに8000円とは。恐るべし。>CA870
by namatee_namatee | 2009-01-08 21:43 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ディスプレイ用 sawed off >>