ころ

お昼シリーズ。
北関東出身のわたしは名古屋へきていろんな食べ物に出会うことが出来ました。率直に言って、北関東の食べ物はあまり繊細でないし味もワンパターンです。思うに食文化が貧相なんでしょうなぁ。素材をそのまま煮たり焼いたりしただけって感じ。その点、名古屋は一般にいわれるよりずっと食べものの文化が進んでいると思いました。味噌煮込みうどんやどて煮、きしめん、手羽先などなど、個性的でバリエーションが豊かです。
そういった中でわたしが気に入った麺類が「ころうどん」です。これに該当する食べ物は北関東には無かったです。冷たいうどんなので似ているメニューとしては冷やしタヌキとかキツネとかはありましたが、それとはちょっと違うみたいですし。今は讃岐うどんが全国的にブームなので、北関東にもトッピングを自分で選ぶうどんのシステムが広まっているかもしれませんが、それはあくまで讃岐うどんの話。ころうどんは讃岐うどんみたいにコシが強くはありません。ダシ?も違うみたいです。コシが強くないといっても、讃岐うどん的なコシとは違うというだけで、柔らかな中にも絶妙な歯ごたえがあって、それはそれでなかなかいけるもんです。
写真のころうどんは大盛+さかな+かきあげです。わたしは「大ころ、さかなとかきあげ」って頼みます。これで560円(うどん:420円トッピング:70円×2)です。安い!
c0019089_17114874.jpg

by namatee_namatee | 2005-03-09 17:13 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京セラ、デジカメ事業から撤退記... いい気味だ >>