箱でかいよ?

c0019089_219038.jpg

アマゾンで買った本。>深夜プラス1
しかし文庫本一冊おくるのになんだったこんなにでっかい箱を(ry

その昔、わたくしはたいへん車がスキだった時代がありまして、自動車雑誌をたくさん読んでいたのでございます。特に二玄社のNAVI(まだ硬派だったころの)という雑誌には強く強く影響を受けまして、1990年代のはじめのNAVIではフランス車、特にシトロエンがフィーチャーされており、2CVやらDSやらの特集がよく組まれておったのでございます。その記事の中にこの深夜プラス1からの印象に残る引用があったんです。

「フィアット・プレジデントとシトロエンDSと、どちらがいい?」
「派手な色でなければシトロエンだな」
「黒だ。人目にはつかない」

これこれ。これですよ。なぜかこのフレーズにハマってしまい、シトロエンがどうしても欲しくなって、シトロエンBXブレークというのを買ってしまいました。いやぁ、DSはさすがに。w

シトロエンは他に2CVとZXに乗りましたが、モデルごとの世代・ランクにかかわらず、どれにも共通した独特の乗り味が気に入りました。一時期、少なくとも外見に関してはごく普通の形になってしまいましたが(ZXなんかその典型)、乗ってみればシートの座り心地とかブレーキ・ステアリングのフィーリングなんか、シトロエン風味がたっぷりでした。出来ればまた乗りたいなぁ。>シトロエン

しかしながらこの「深夜プラス1」そのものは読んだ事が無かったのでした。なもんで一昨日、アマゾンで買ってみました。冒頭に件の会話が出てきて嬉しくなってしまいましたよ。内容については、まだ最初の方しか読んでないので、感想はそのうち・・・
by namatee_namatee | 2008-12-05 21:40 | book | Comments(3)
Commented by ラード at 2008-12-05 22:00 x
これ、いかんせん訳が古すぎるんですよねー。いまどき「ガンマン」とか。
新訳にして欲しいもんだ。

他に改めてほしいのは、「女王陛下のユリシーズ号」とか、チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」モノもそうだな。
Commented by 藤 孝志 at 2008-12-06 21:48 x
ラードさんのおっしゃるように訳が現代に合わないかもしれませんが、それはそれで時代の雰囲気を感じられるものではないでしょうか。ガンマンも死語だけど、レジスタンスというのももはや死語かも。
ちなみに、私もこの小説から内藤陳様いわく「冒険小説」にはまりました。
Commented by namatee_namatee at 2008-12-07 19:54
>お二方
藤さんの言った事と同じ趣旨をラードさんに言いました。w
これはこれで古めかしい訳が似合っているのではないかと。しかしハードなお話ですね。>深夜プラス1
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 忘年会 最近のジェベルさん(続き) >>